暑中見舞い2018 暑中見舞いの送る時期は?

暑中見舞いを送る時期って悩みますよね。
ビジネスシーンでは大切な行事ですのでしっかりと時期を確認したいものです。

毎年いつおくればいいのかわからない
といった方はこの記事を読んでしっかりと解決しましょう。

2018年の暑中見舞いの時期

暑中見舞いの暑中とは、一番暑さが厳しいと言われている時期のことです。
ですから1番暑いとされる8月6日まで”というのが一般的な考えたかです。

秋を迎えてしまうと暑中見舞いではなく
残暑見舞いとなってしまうので8月中までには届くようにしましょう。

暑中見舞いとは暑さに対して
暑いけど体に気をつけてがんばりましょうという意味です。

ですから
暑さが一番厳しいときにだすのが一般的になります。

いつからとか厳密な日付はありませんが
あまり時期がづれることなくだすのがビジネスマナーとしては
正しいです。

2018年の暑中見舞いの返事

暑中見舞いを出していない方から暑中見舞いが届く場合もあると思います。
また先に届いてしまうという場合もあるでしょう。

そのような場合には、いつ頃に返事をするのが良いのでしょうか?

暑中見舞いが届いたら速やかにできるだけ早く返す方が
望ましいと思われます。

その際は暑中見舞いをいただいた感謝の念を伝えるのが良いでしょう。

まとめ

暑中見舞いは暑さが残るうちに送るのがベターです。

また、暑中見舞いは送る相手が友人なのか上司なのかで文言が変わってきますのでシーンに合わせて文章を変えてくださいね。
しっかりと心をこめておくるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク