足利花火大会2018の穴場スポット!

足利花火大会2018 概要

足利花火大会は一時は中断したものの、今年で104回目を数える関東屈指の花火大会。
なんと全国から毎年40万人もの人が来場することで知られ大玉の同時打上げやワイドスターマイン、仕掛花火の競演など、見どころ盛りだくさん。
惜しげもなくうちあげられる花火は感動することがひとしおだ。

そして最後の「大ナイアガラ」はぜひみておきたい花火だ。

足利花火大会2018 開催情報

●開催日時:2018年8月4日(土)
(雨の場合は翌日に順延)
●打ち上げ花火数:2万発
●開催場所:栃木県足利市田中町周辺

JR足利駅南口からは徒歩約5分、
車で行く場合は東北道佐野藤岡ICから足利桐生方面に車で30分。

しかし足利花火大会は例年40万人と多くの人が来場することで
知られ渋滞することは確実です。
ですから渋滞を避けるためにはなるべく電車ででかけるようにしましょう。

足利花火大会2018 穴場スポット

●田中橋の上
JR足利駅から徒歩10分ほどの場所にある田中橋の上はすごくおすすめです。
周りに高い建物もないですし、花火がすごくきれいにみえるポイントです。
交通規制されていて車が通れないので小さいお子さんのいる人も安心です。

●織姫公園
打ち上げ場所からは少し離れていますが山の上にあるので花火はばっちりみえます。
すこし歩いてもいいという方にはおすすめです。
最近では口コミで有名になってきているので、いい場所ととりたいという人ははやめにとりましょう。

●ドコモショップ足利店
打ち上げ場所に近いため、俺は大迫力で楽しみたいという人におすすめです。
高いビル等もないのでばっちりみることができます。
また混雑もそれほどではないのでおすすめです。

足利花火大会の有料席・チケット情報

栃木県で開催される花火大会では最大といわれる足利花火大会。
今年2018年も非常に多くの人が訪れるでしょう。

ゆっくりみたい人は有料席での閲覧がおすすめです。

席の種類は2種類で定員大人5名ほどの桟敷席が17,000円、
大人10名ほどの有料観覧席1区画が8,000円となっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク